About
About

伝統と革新が織りなす、
名店シェフの味
The taste of a master chef fusing tradition and innovation

イタリアンレストラン「RISTORANTE STELLA(リストランテ ステラ)」は、
ファブリツィオ・オッルの感性とアイデアが織りなすコンテンポラリーイタリアン。
北イタリアを中心とした郷土料理のアラカルトや、
独自性の強いメニューが揃うコース料理を美空間で味わえます。
ワゴンスタイルで旬の食材をご覧いただきセレクトできるサービスや
ワインのペアリングも愉しめます。

コース ¥8,500〜 アラカルト ¥600~
営業時間 / 17:00~23:00 (L.O.22:00)
Ristorante Stella is a contemporary Italian restaurant inspired by the ideas and sensibilities of Fabrizio Orru. Experience local à la
carte of Northern Italy and courses featuring unique dishes in a beautiful atmosphere. You can also enjoy wine pairing and wagon-
style selections of seasonal ingredients.

Course ¥8,500 ~ À la carte ¥600 ~
Business hours / 17:00 ~ 23:00 (Last order 22:00)

Scene
Scene

プレシャスなひとときを
最高のロケーションで過ごす
Spend that precious moment at an amazing place

Scene
Chef

洗練された美食と、
心からのサービスでおもてなし
Sophisticated cuisine and hospitality from the heart

「北イタリアの伝統料理を受け継ぎ、日々進化しつづける味わい」"Taste that inherits the traditions of Northern Italian cuisine and continues to evolve everyday"

イタリア トスカーナ州リヴォルノ出身。
幼少期時代、マンマと一緒にメルカートに食材の買い出しに行き、いつも台所で幸せそうに料理をしている姿に心惹かれ、料理に興味持つ。
海外で色々な経験をしたいという思いが強かった事と、さまざまな国の語学や文化を一気に体感できるシェフという仕事に魅力を感じ、料理人を志す。トスカーナのIPSSAR調理専門学校を卒業後、イタリア各地のホテルで研鑽を積む。「伝統的なイタリア料理の奥深さと無限大の可能性を日本の皆様に知って欲しい。そして、パスタ文化のアイデンティティの裾野を広げたい。」という思いから、1996年23歳で来日。
セレブリティシェフのマリオ・フリットリのもとで、話題のリストランテにて技術やセンスを更に磨く。2005年〜2012年まで、「Bice TOKYO」にてスーシェフを担当。2017年7月「RISTORANTE STELLA」の料理長となる。
本物の味を知る感度の高いゲストの皆様へ、上質な旬の味覚、イタリアと日本双方が誇る食材を利用して、イノベーティブで新しいイタリア料理を生み出します。
Fabrizio Orru hails from Livorno in Tuscany, Italy. From early on, Fabrizio would go to the market with his mother to buy groceries. He was drawn to his mother’s love of the kitchen and soon expressed interest in cooking himself. His strong will to experience life overseas and his desire to become a chef that experiences different languages and cultures led him down the culinary path.

After graduating from IPSSAR culinary school in Tuscany, he polished his craft in various hotels around Italy.
In 1996, at the age of 23, Fabrizio came to Japan with the hopes of spreading pasta culture and showing the people of Japan the depth and potential of Italian cuisine.

Fabrizio refined his skills under celebrity chef Mario Frittoli at prominent Italian restaurant in Japan. He then became the head chef of Ristorante Stella in July 2017. There, he uses his taste and the best ingredients from Italy and Japan to create innovative Italian cuisine.

arrowオンラインご予約 arrowOnline reservations

予約専用:050-3171-7670
お問合せ:03-6804-3682
Reservations: 050-3171-7670 /
Inquiries: 03-6804-3682

二次会・パーティー・イベントなど各種承っております。お気軽にご相談ください。Feel free to contact us about parties and events.

Access & Information

Access & Information

店舗名
リストランテ ステラ
所在地
東京都港区南青山2-12-14 ユニマット青山ビル9F
電話
予約専用:050-3171-7670/お問合せ:03-6804-3682
最寄駅
東京メトロ銀座線「外苑前駅」4a出口徒歩2分、東京メトロ銀座線・半蔵門線/都営地下鉄大江戸線「青山一丁目駅」5番出口徒歩6分
座席
102席:店内70席(個室10名1室・4名1室)テラス32席
営業時間
17:00~23:00 (L.O. 22:00)
定休日
無休(年末年始を除く)
平均ご予算
約¥15,000
支払い方法
カード可(VISA、 MASTER、 JCB、 DINERS、 AMEX)
駐車場
なし
禁煙・喫煙
禁煙(喫煙スペース有)
外国語対応
英語・イタリア語
備考
別途10%サービス料をいただいております。
小学生未満のお子様をご同伴の場合は個室の利用をお願いします。
Restaurant name:
Ristorante Stella
Address:
2-12-14 Minami Aoyama Minato-ku, Tokyo Unimat Aoyama Building 9F
Phone number:
Reservations: 050-3171-7670 / Inquiries: 03-6804-3682
Closest train stations:
Tokyo Metro Ginza Line Gaiemmae Station” Exit 4a, then 2 minutes on foot.
Tokyo Metro Ginza Line, Hanzomon Line / Toei Subway Oedo Line "Aoyama Itchome Station" Exit 5, then 6 minutes on foot.
Seating:
102 seats <70 indoor seats (1x10 person room, 1x4 person room), 32 terrace seats>
Business hours:
17:00 ~ 23:00 (Last order 22:00)
Holidays:
Open everyday except during Japanese New Years holiday break.
Average budget:
Approximately ¥15,000 per person
Payment methods:
Credit cards accepted (VISA, MASTERCARD, JCB, DINERS, AMEX)
Parking:
Not available
Smoking:
Smoking and non- smoking areas
Languages spoken:
Japanese, English, Italian
Remarks:
A 10% service charge will be added to your bill.
When accompanied by children under elementary school age,
we kindly ask you to dine in one of our private rooms as courtesy to our other guests.